2015年08月13日

【ワン チャンス】

《★★★》

イギリスの人気オーディション番組で優勝したことをきっかけに世界的オペラ歌手になったポール・ポッツの人生を描いた映画。
すでにラストが分かっている物語だったはずなのに、見始めた途端、今彼が世界的に成功しているオペラ歌手だなんてすっかり忘れて、いじめられっ子のみじめな人生を思い切り堪能してしまった。
せっかく留学したのにそこの偉い先生に、君はオペラ歌手にはなれないって言われて、すごすご戻ってきたり、父親との確執やメル友のジュルズとの行き違い、この後彼が世界的オペラ歌手になるんだなんてすっかり忘れて見てしまった。

メル友のジュルズ、勤務先の店長ブランドンとその彼女がとってもいい。
バーでのショーで優勝賞金をかつてのいじめっ子に横取りされそうになった時、店長のブランドンとその彼女がいじめっ子どもを殴ってくれるしね。
しかし、大人になってもいじめの上下関係って変わらないのね。持って生まれたものなのかしらね、いじめっ子気質、いじめられっ子気質。
ジュルズは、ポールの人柄に触れて、見た目ではなく心に惹かれたのね。お互い嘘の容姿を言い合ってたのに実際会って、すぐにポールって分かった上で付き合ってくれたし。

子供のころから歌がうまかったポールだけど、留学した音楽学校では、偉い先生に「君はオペラ歌手にはなれない」と言われて傷心で戻って来てからは、ジュルズからも逃げ、歌からも逃げ、正直これが彼のサクセスストーリーってことすっかり忘れてた。
ところが、ジュルズは大事ってことで、しつこく彼女の元に通い続け、結婚し、そしたら病気になって、とうだうだと話は続く。

子供のころから歌ばかりのポールをあまり快く思ってなかった父親。ポールはポールで肉体労働者の父を内心馬鹿にしていた。そして、いつもポールがいじめられて辛かったのに、そのことに気付いてもくれなかった父親を嫌いだったポール。
ジュルズとポール、そして両親との食事の席でそのことを責めて喧嘩別れしてしまう。

私はこのレストランでの親子喧嘩のシーン、結構印象に残ってる。この父と息子のわだかまりが映画の中で心に残った。

そして、たまたま目にしたオーディション番組で、彼は出場して優勝するんだけど、ここが一番の盛り上がるシーンなんだけどね〜、なんでだろう、全体的にパンチが効いてない気がするんだよね。
オーディション番組シーンでの審査委員が、ああ、本物だ、ってそこに注目してしまった。

で、優勝して父親がかつて息子をいじめてた奴を殴ったとこもよかった。
でも、なんかそこだけかな、よかった、と思ったの。

全体的に、徐々に盛り上がって最後にわ〜〜〜っと感動する、ってパターンか、もしくは序盤はこれでもかってくらい凹ませてラストにおおっ!って盛り上がるか、どっちでもいいからとにかく盛り上がりたかったけど、パンチが効いてないかな〜。
ちょっと印象薄い。
posted by じゃじゃまま at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

【藁の楯】

《★★★★★》

期待通り。
大物フィクサーの孫娘を惨殺した犯人に10億円の懸賞金がかけられた。
仲間にまで命を狙われた清丸は、助かるために自ら福岡県警に出頭。身柄を確保され、東京まで護送されることとなる。
懸賞金のために各方面から狙われる清丸を、無事に東京まで移送するために、護衛として警視庁警備部のSP銘苅と白岩が選ばれる。
幼女ばかりを狙う清丸に、命を張って護衛する意味があるのか。

常に、その意味を突きつけられた状態で、護衛する大沢たかお演じる銘苅や松嶋菜々子演じる白岩や、刑事たちの矛盾した気持ちに共感しながら、こっちも苦しくなって、目が離せなかった。

任務として人間のクズを守らなければならない重圧。

幼女を殺しておきながら、自分が懸賞金狙いのために命を狙われると、そのストレスから刑事たちに当たり散らす身勝手さ。
清丸には最初から最後まで憎しみが湧きっぱなし、誰か殺してくれと念じずにはいられなかった。

もちろんそんなわけもなく、大沢たかおたちが任務を全うするであろうことも分かってはいたけど、頼むから邪魔しないで殺させてくれよ、だよね。

っていうか、ああいう奴は、ずっと恐怖に怯えてればよかったんだ。

なぜ護衛に選ばれたのか。それも蜷川の策略だった。

かつて懲りない飲酒運転者に妻とお腹にいた子供を殺された銘苅。被害者と同世代の娘がいる白岩。彼らの理性を越える怒りに蜷川は賭けたのだ。
だけど、任務を全うするという責任感の方が強かった。

その葛藤と闘う二人は本当に苦しかっただろうし、見てるこっちも苦しかったよ。

途中、蜷川が銘苅と電話で話してるから、その隙に清丸に白岩が殺されちゃうんだけど、まったくお前こそ邪魔してんじゃないよ、って思ったね、蜷川。
どんどん仲間が犠牲になって、さすが主役の大沢たかおだけが無事っていうのも出来過ぎ。

あの敵意むき出しにしてた、警察官役の永山絢斗君、格好よかった。

一番残念なのは、連続幼女殺人の犯人、清丸国秀。あの人間のクズ役に藤原竜也は、無理だったかな。
藤原君には、その狂気が演技にしか見えない程度で、クズには見えなかった。

posted by じゃじゃまま at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

【ワールド・ウォーZ】

《★★★☆》

ブラピ演じる元国連捜査官のジェリーは、ある朝、異変に気付く。まったく進まない渋滞の列に、なにかを察知した彼は、衝撃の光景を目にする。
次々に車を撃破し、人々を撥ねるトラックが大暴走してくる。
そして何者かに襲われた者たちが12秒後に白目を向き、変貌ていく姿。
間一髪で逃げ延びたジェリー一家だが、車がなくなり身動きの取れない一家はアパートに身を潜め、救助を待つ。
そこでももちろんゾンビ=ここではZと呼ばれる者たちに襲われ、悲鳴をあげそうになるところをなんとかハンカチで口を押さえた私。
元国連捜査官のジェリーは、家族のために、危険な任務に身をさらすことを辞め、平和な生活を手にしたはずだった。ところが、謎のウイルスによりパンデミックに陥り、都市も壊滅、軍も崩壊、なすすべのない指令軍は、家族の安全を約束する代わりに、ジェリーに捜査員として復帰を要求する。

家族のために、ジェリーは、謎のウイルス調査団の一員として、学者と共に行動することを決断する。

最初にゾンビ=Zの情報をもたらしたのは、韓国にある米軍基地から。そこへ希望の星、学者と特殊部隊で向かうが、なんと!!!
滑って転んで学者が死んじゃうんだ。
ゾンビに襲われたわけでもなく。学者死んじゃったら、ウイルス解明できないじゃん!!
ま、主役はブラピなんでね。学者が死んだところでどうってことないわけだけど。

この基地で、エルサレムにヒントがあることを知り、そこへ飛ぶが、大きな音に反応するゾンビが、マイクの歌声に反応し、ジェリーが「音が大きすぎる!」と指摘すると同時に、高い壁を這いあがりゾンビたちが町へ侵入してくる。
なんといっても、このゾンビたち、全速力なんだ。しかも12秒後に変貌するから、瞬く間にゾンビが爆発的に増える。

各地で小さなヒントを得たジェリーは、頭の中で数々の映像が繋がり、学者の言葉がよみがえる。
「それが弱点かもしれない」
WHOの機関になんとか着いたジェリーは、致死性のワクチンを投与することでゾンビから見えない存在になれるかもしれない可能性を訴える。

もちろんここでも難関が。致死性のワクチンは、ゾンビがウヨウヨしているB棟にあるという。
究極のお化け屋敷。

この手の映画にありがちな、ゾンビとの攻防なんだけど。
なんだろう、終盤のこの失速感。全速力のゾンビの破壊力が凄まじかっただけに、WHOでワクチンを手に入れ、人類救済の道筋を見つけるわけだけど、そこが妙にスマートすぎて、あ、そうですか、って感じ。
ゾンビ+ウイルス映画、ウイルスものは、最後どうしてもこうなるんだよね。ワクチン発見して、そこからが妙に早いから、だから失速感を感じるのか。

まあ、面白かったけどね。映画館じゃないとあの迫力はなかったかもな〜。

posted by じゃじゃまま at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

【私だけのハッピーエンディング】

《★★☆》

結婚願望のない、気ままな恋愛を楽しんでいたキャリアウーマンのマーリー。
仕事もプライベートも順調だったが、癌に侵され余命を告げられる。
夫婦仲のよくない両親のせいなのか、愛を信じられない。そんなとき、主治医のジュリアンと出会い、初めて本当の愛を知る。

だけど、マーリーはやがて死んでしまう。

ま、想像通りの映画で、ジュリアンや親友たちとぶつかり合いながらも、マーリーは、幸せな最期を迎える。
父との和解、母の愛情、親友たちとの友情、ジュリアンとの愛。
できすぎな感じがしないのは、ジュリアンが、まるでジュリアン・・・というか、ああ、これなら受け入れられる、といった感じのリアル感があったからか。

これでめちゃめちゃいい男だったら、できすぎ〜、さすが映画!って思うけど、もちろん、映画なんだけど、ああ、こういうい医者ならいそう〜、って感じだったので。



posted by じゃじゃまま at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

【わたしを離さないで】

≪★★★≫

「この命は、誰かのために。この心は、私のために」
特別な子どもたちとして育てられたキャシー、トミー、ルース。
いつか彼らの臓器は、誰かに提供される。そのために生まれてきた彼ら。

寄宿学校で、キャシーはずっとトミーを見つめ想い続けてきた。それを知りながらルースはトミーに近づく。
18歳になり、彼女たちは寄宿学校を出て、コテージで共同生活を始めるが、残された時間が限られた中で孤独になりたくないルースは、トミーと恋仲になり、三角関係は友情は壊し、真実の愛も消えようとしていた。

が、命の灯が消える前に、キャシーとトミーは小さな奇跡に大きな望みを託して、本当に愛し合ってる者同士に与えられるという猶予をもらいにマダムの元へ向かうが・・・。

切なくて残酷な純愛の物語だった。
まさか、まさかそんなことがあろうはずもないけど、臓器提供のためのクローンとしてこの世に存在し、その運命を受け入れる彼ら。
なぜにあんなに静かに受け入れられるのか。

何度も何度も、耐え続ける限り提供は続く。彼らに心はないとでも思っているのか。
キャシーはトミーとルースを忘れるために介護者になり、提供者を介護する。いつかは自分にも通知が来るのに。
なんという残酷さ。

10年が経ち、キャシーはルースの名前を見かける。もうだいぶ弱っていて、次の提供で終わりを迎えるのでないか。
その姿を見るのは非情に怖かった。
ルースは、自分のしたことを悔いて、トミーとキャシーを再会させるけど、トミーも三度の提供を終えて、かなり弱っていた。

もしも、ルースが邪魔をしなければ、二人はもっと長く一緒にいられたのに。
タイトルの意味が突き刺さる。

ルースの手術室のシーンが絶対に忘れられない。あれは、あんまりだよ。
いやいや、この物語自体が、あんまりだよ。切ない純愛物語・・・にしてもあんまりだ。



posted by じゃじゃまま at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

【私がクマにキレた理由】

≪★★☆≫
大学卒業後、自分の進路を見出せず、公園でひょんなことからナニー(子守り)と勘違いされ、そのままX家のナニーになってしまったアニー。
家庭を顧みず、妻に隠れて不倫をしているX家の主人。夫に振り向いてもらえず、そのストレスからナニーに当たり、外にばかり目を向ける夫人。両親の愛情不足で、すごく寂しい思いをしている息子グレイヤー。

育児は人任せで、お金バンバン使って自分自身を磨くことにしか興味のないセレブ夫人たち。
見栄っぱりで、噂話が大好き。建前ばかりのお付合いで、夫婦仲の冷え切りのストレスはすべてナニーにぶつけ、子育ての失敗も全部ナニーのせい。理不尽な要求は日常茶飯事で、当然子どもは愛情不足。

となってくれば、もちろん、一般市民VS金持ち人種のドタバタ劇を期待するよね。
子どもはナニーに懐き、ひと悶着ありながらも、最後は親子の愛情、ナニーとの涙の別れ、みたいな展開も想像する。

期待通り、想像通りなんだけど、なんでた!!あんまり面白くなかったぞ。
ひょんなことからナニーになって、こんなに大変なのね〜って、そこはまあ想定内。これだから金持ちは嫌なのよ、ってなるはずが、結局恋に落ちた相手もセレブで、それでいいのか〜〜???
価値観は合ってるのか〜〜???と、な〜んかな〜んか、しまりのないラストだった。

ちょっとだけよかったのは、X家が離婚して、夫人が頑張って子育てしてる姿に、ほっとした。親子の愛情はよかったね。



posted by じゃじゃまま at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

【私の中のあなた】

≪★★★★≫
自分の体を守るために、両親を訴えたアナ。
アナは、白血病の姉を救うために遺伝子操作をされて生まれてきた。使命はドナーになること。姉ケイトを救うために。
母親のサラにとっては、アナの訴えは青天の霹靂で、信じがたいことだった。
ケイトを死なせるわけにはいかない。姉を救いたくないのか?あなたはそのために生まれてきたのだから。
そんなアナの訴えを引き受けたのは、勝訴率91%の弁護士。
小さい頃から針を刺され、何度も手術を受けさせられ、自分の存在に疑問を持ち始めたアナ。

ケイトを守ることしか考えてないサラ。アナを守るのは一体誰?

そして明らかになる、真実。
覚悟はしていたけど、ずっと涙。

ストーリーは、ケイトが生まれて発病してから、アナが両親を訴えるまで、家族の目線で現在と過去が織り交ぜられながら、進行していく。
ケイトの病状がどんどん悪くなっていく様子は、親なら当然辛いはずで、でもケイト自身も辛いだろうと、苦しくなった。
体ももちろんのこと、自分のせいで家族が、とか、自分の未来がないこととか、14歳の少女には過酷すぎる。
でも病は人を選ばない。人は病を選べない。

ケイトや、病人がいる家族の辛さが非常に伝わってきた。

テイラーとケイトの初恋は、切なくて、でも出会えて恋をして、二人が生まれてきたことが悲しみだけを生んだのではないのが嬉しかった。

サラの、ケイトを救うために自分も家族も犠牲にしてきたその盲目さには腹の立つこともあったけど、母親として病気の娘を救いたいその気持ちは分かる。
その気持ちの強さゆえに、アナの気持ちに気付けない。

真実が明らかになって、これ以上の手術を拒むケイトに、あくまでも手術を諦めないサラの二人の会話。
ケイトの気持ちも理解した上で、でも母親として諦めることはできないのよ、っていうサラの、悲しみが伝わってきた。

アナ役の少女が、【ジュマンジ】時代のキルスティン・ダンストに見えてしまった。



posted by じゃじゃまま at 23:57| Comment(6) | TrackBack(2) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

【ワールド・トレード・センター】

≪★★≫
9・11アメリカ同時多発テロで奇跡的に生還した警察官を元にしたノンフィクション。
始まって30分でニコラス・ケイジたちが崩れてきたビルの生き埋めになってしまい、ここからずっとこの設定なのか、と思ったらちょっとブルーになった。

こんなこと言ったら罰当るけど、でもほとんどが埋もれた状況で、あのテロではたっくさんの人々が犠牲になっていて、この映画は警察官2名の話か、と見終わった後、なんだか脱力。
正直、なんのドラマも感じない映画でした。

posted by じゃじゃまま at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

【ワルキューレ】

≪★★★★≫
1944年7月20日。ヒトラーを暗殺する計画が実行された。
それまで12回以上も(資料によると40回以上)ヒトラー暗殺計画は実行され、どれも失敗。
罪なき人々を虐殺し続けた独裁者ヒトラー。信じる心って怖いなと思った。一人の間違った指導者を崇めることによって正義は曲げられ、ドイツはナチス一色に染まりつつあった。
でもドイツ人は彼だけじゃない。
軍の中にも、ヒトラーに疑問を持つ人々がいて、祖国ドイツのためにクーデターを起そうとしていた人々がいた。そのことに救われた。
誰も彼もがヒトラーの掲げる正義を信じてたわけじゃない。人間として、本当の正義を知っている人々がいた。

それにしても怖い。他所の国のこといえた義理じゃないけど、かつての日本だって、お国のために、って戦争で命を散らすことを名誉と考えてたんだから。それくらい人間の心って怖いんだよ、一度信じてしまうと。
ヒトラーって、間違った独裁者で絶対に地獄行きってことしてるのに、すごい悪運?強運の持ち主だよね。≪ワルキューレ≫は、首謀者側からすると不運が重なったけど、ヒトラーからすると幸運が続いたんだよね。
しかも過去の数十回の暗殺未遂。ことごとく難を逃れてて、その強運のせいで、犠牲になった罪なき人々の命は増えたってことだよね。
もしも神がいるのなら、なんてことをしてくれたんだ!って思うよ、ほんとに。

実行役で作戦の責任者であるトム・クルーズも、格好いいね!
つか、この作戦に参加した人々はすべて格好いいです。崇高な使命のために、処刑されるその時まで、その勇気に胸が震えた。
作戦が失敗したことを、心から残念に思う。
posted by じゃじゃまま at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

【私は貝になりたい】

≪★★★≫
映画的には、これは後世に語り継いでいかなくてはならないものだと思う。
戦争の悲惨さ、理不尽さ、残酷さ。今回、家族の絆というものを強調してたようにも思うけど、私は、清水豊松の悲しみというか、恨みが心に残った。
こんな戦争を起した国、自分が悪いわけでもないのに裁かれる理不尽さ、何度言ってもどんなに伝えても、伝わらないアメリカ人の裁判、こんな世の中なら、こんな人生なら、もう人間になんてなりたくない、そんな豊松の心の叫びが、ず〜〜〜〜〜っと心に残った。

そりゃそうだろう、と思う。
私にも納得がいかない。だから戦争なんてしちゃいけないんだ。

すごく腹が立ってしまった。一緒に見た息子は、無言。

posted by じゃじゃまま at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

【忘れられない人】

この映画は私の映画史の中でbPです。10年近く経っても(いや、もっとか?)不動の地位です。
ビデオも本場もの?が欲しくてわざわざアメリカで買ってしまった!!

それまでなにをやっても最期までやり遂げれられないヒロインと、彼女を想うバイト先の青年。そっと、じっと彼女を見守り続ける姿は、一歩間違えばストーカーなんだけど、これはそんな低俗なお話ではないのだ!

アダムがキャロラインの部屋に忍び込み、クリスマスツリーを飾りじっとヒロインの寝顔を見つめるのだって、ロマンチックなのだ!不法侵入の罪ではないのだ!
現にキャロラインは感動してたわけだし。バイトの帰り道、家にたどり着くまでそっと跡をつけるのだって、不気味ではないのだ!おかげで暴漢から守れたわけだし。夜

これは重箱の隅を箸でつつくような姑をしてしまってはいけないのだ。

傷ついたキャロラインがどこへいっても、振り向けば、必ず見守る優しい眼差し。そんな眼差しに気付くのに時間はかからなかった。ハートたち(複数ハート)

どこか空回りしてた人生が、二人が出会い、惹かれあい、近付くことよって、満たされていく二人のハート。
そんな二人をいつまでも見ていたかったのに・・・。

心臓移植を勧めるキャロラインに「君を想うこの心臓を取り替えるなんてできないよ」とばかりに拒否をするアダム。
彼の命を救うため「心臓をハートは違うのよ」と必死で伝えるが、アダムの言葉が私のハートを突き刺した。

「君を想うと、この心臓が痛むんだ」

アダムの気持ち、分かる。人を好きになると、この心臓がキュンとなって、痛むんだよね。

≪★★★★★≫最高の五つ星!足りないくらい。アダムの気持ちを想うと、心臓痛いよ。

忘れられない人
posted by じゃじゃまま at 10:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。