2012年11月23日

【ダーク・シャドウ】

《★★★☆》

コメディかと思ったけど、ダークなコメディって感じ?
子供と行こうと誘ってたんだけど、行かなくて正解。息子は微妙な年齢だし、娘にはちょっと分からなかったかも。
アメリカで成功して裕福な家の息子として育ったバーナバス。遊び人の彼は使用人を弄び、その代償は両親を殺され、愛する女性も亡くし、自らもヴァンパイアにされることだった。
なぜならアンジェリークは魔女だったから。現代によみがえった彼は、落ちぶれたコリンズ家を目の当たりにし、末裔たちもまたアンジェリークにより苦しめられていることを知る。

工事現場で発見された柩。そこには200年前にアンジェリークによって生き埋めにされたバーナバスが眠っていた。ようやく目覚めた彼は次々に作業員たちの血を吸っていく。
なんとまあ、全然ヒーローじゃない。
かつての我が家にたどり着いたバーナバスは落ちぶれたコリンズ家と、なにやら謎を抱えている末裔たちと再会し、家庭教師や博士たちと奇妙な共同生活を始める。
あんな真っ白い顔のおじさんがいたら、やっぱ変。

バーナバスが蘇ったことをアンジェリークは察知し、またもやよりを戻そうとやって来る。
バーナバスに執着するアンジェリーク。両親や愛する女性を殺された恨み、コリンズ家再建のためにアンジェリーク打倒を誓うバーナバスは、末裔たちと共に立ち上がる。

最初はダークな感じに戸惑ったけど、そうかそうか、その路線か、と納得したら面白かった。
【フロム・ダスク・ティル・ドーン】みたいな印象を受けたけど。



posted by じゃじゃまま at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。