2015年08月29日

【祝宴!シェフ】

《★★》

父親が有名な宴席料理人であるシャオワン(キミ・シア)は、モデルを夢見て台北に移り住むが成功せず、恋人の借金まで背負い逃げるように帰郷。父の死をきっかけに夜逃げした母パフィー(リン・メイシウ)は食堂を経営していて、シャオワンも手伝うものの閑古鳥が鳴いていた。ある日、亡くなった父を訪ねて老夫婦がやって来る。彼らは、二人が出会ったときに食べた料理を再び食べたいと考えていて……。

レンタルしたDVDが調子悪くて、途中から再生できなくなってしまった。
何度リトライしても駄目で、大会の決勝進出から見れなかったけど、チャプターで見るに、まあ、想像はつく感じ。
シャオワンの母は確か継母だったと思うんだけど、なんでわざわざ継母の設定にしたのか。
実母の話はなかったし、とっても明るいパフィーさんは大好き。シャオワンともすごい仲がいいし、あの押しの強さで取り立てに来たチンピラもこき使う始末。この取り立て屋も恐らく料理の楽しさに目覚めて、優勝した暁にはもう借金チャラで料理人にでもなるのかな。

見れなかったから想像だけど、コメディだからまあ最後はうまく収まるんだろうな。

posted by じゃじゃまま at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。