2015年08月29日

【コンテイジョン】

《★★★》

ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、香港への出張後にシカゴで元恋人と密会していたが、せきと熱の症状が出始める。同じころ香港、ロンドン、東京で似たような症状で亡くなる人が続出。フリージャーナリストのアラン(ジュード・ロウ)は、伝染病ではないかと考え始め……。

うっかり二回見ちゃった。これ、前も見たことあったんだ。
その時も思ったんだけど、劇中、WHOだかの人が調査に訪れて、結局感染して死んじゃう人いるんだけどさ。
感染の調査なのにマスクしないで香港とか現地に行ってるんだよ。
信じられないよ。予防しないのかい?
それじゃ感染して死んだって自業自得ってもんだよ。

この映画は感染の怖さもそうだけど、愛する人だけは助かって欲しい、と禁を犯す責任者。情報を知りえる立場にいたら、言わずにいられるか。

そしてラスト、時間は逆戻りして森林伐採の森、こうもりが飛び豚の小屋で糞をする。その豚が運ばれ料理店へ。
調理するコック、手を洗わず料理を称賛するベスの元へ。そして二人は握手する。

感染初日を迎える。ラストに明かされたルートに、ぞっとした。

posted by じゃじゃまま at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424979441

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。