2015年06月16日

【グレートデイズ! 夢に挑んだ父と子】

《★★★》

障害を持つ息子と、その現実から目を背け続けてきた父親が、トライアスロンという過酷なレースに挑む物語。

車椅子の息子から逃げ続け、世界中を仕事で飛びまわっていたポール。しかしリストラに遭い、家族と過ごすことに。
ポールは障害の息子を受け入れられない、っていうかどう接していいか分からないんだよね。
妻の言葉だっけ?
「生まれた時は喜んでいたのに、歩けないって分かった途端無口になった」って。
その落胆は親だから分かるけど、ジュリアンや一人で息子を支えてきた妻、クレアには許せない、受け入れられない態度だよね。でも、ポールだって息子に愛がないわけじゃない。
だから、ジュリアンがトライアスロンに挑戦したいって言った時、最初こそ難色を示したけど、参加することにしたんだもんね。

だってさ〜、あれって結局ポールだけが大変なんじゃん。
海の競泳もポールはジュリアンの乗ったボートを引っ張りながら泳がなきゃいけないし、自転車もジュリアン乗せて・・・。マラソンだって車椅子を押しながら走るわけで・・・。ハンデあってもいいんじゃない?って思ったよ。
半端じゃない、ポールの体力。

夢を諦めがちな障害者が、父親と一緒にその夢に挑む姿は、普段当たり前のように子供と接して、当たり前のように時間に追われてる私にとって、もう少し子供と向き合ってもいいんじゃない?って問いかけてくる映画だった。

ジュリアンを大切に思う母親とお姉さんがすごくよかった。

posted by じゃじゃまま at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。