2015年03月05日

【イントゥ・ザ・ストーム】

《★★☆》

いやはや、なんとも・・・。
【ツイスター】に比べると、なんとまあ・・・。
地球史上最大の怪物、なんてコピーに期待して観たけど、アクションっていうより父と息子の話だった。
学校の教頭であるゲイリーと、長男ドニーには溝があって、竜巻に巻き込まれたドニーを救出するために、父が奮闘して息子との溝を埋める、みたいな。

史上最大の竜巻が予測されたのはゲイリーが教頭を務める高校の卒業式の日。
「竜巻ハンター」としてチームを組むタイタスは、気象予報士のアリソンの予測が外れてばかりで資金援助も打ち切られる。
そうなんだよ、このアリソン。今回の史上最大の竜巻を当てたけど、だったらなんで今まで当たらないのかよ?って突っ込みたくなるし、やっぱり迫力は【ツイスター】には負けるね。

やっぱ人間ドラマを軸にしたからかな。
ハラハラドキドキを期待してた私には期待外れだった。

posted by じゃじゃまま at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。