2014年11月12日

【小野寺の弟 小野寺の姉】

《★★★★★》

大金星!!!
もてない姉と、失恋を引きずっている奥手の弟。
早くに両親を亡くし、姉弟で暮らす昭和の香りのする古家で、もてない姉と、失恋を引きずっている奥手の弟。
不器用で、だけど互いを思いやって生きていく二人の姿に、笑って泣いて、絶対後悔なしの映画。

冒頭から笑わせてくれるんだ、片桐はいり演じる小野寺の姉。
間違って配達された手紙を持って、訪ねたマンション。そこで小野寺の弟は一目ぼれしちゃうんだけど、嫌がる犬にグイグイいく姉には、娘と二人大爆笑。
弟は数年前に別れた彼女を思い出しては、まだ引きずってる様子。それを心配した姉がどんどん外に連れ出すんだけど、お互いがお互いのことを思いやってることに、姉弟は気付かない。

不器用だから、一目ぼれした絵本作家にもうまくアプローチできないし、じれったいんだけど、その奥手さも微笑ましい。実は、この奥手さには理由があって、終盤で明かされる。
姉のことを心配して弟は弟なりに姉が幸せになるまでそばにいたい、と思ってた。それを恋人に否定されて、弟は恋人よりも姉を選んだんだよね。

これがまた姉が美人っていうなら、え〜シスコン!って気持ち悪いんだけど、片桐はいりだからね。
ああ、本当にお姉さんのこと大切に思ってるんだな、親代わりとして自分のことよりも弟のことを優先にしてくれてた、そのことを感謝して悪い思ってるから、お姉さんを一人になんかできないんだよね。
泣けたね〜〜。

その姉は近所の眼鏡屋に勤務してるけど、そこに来るメーカーさんにどうやら想いを寄せている様子。
弟には「ワンデイの人」ってからかわれるし。
盲腸で入院したとき、中学時代に好きだった男性に再会した姉。
見栄を張って、弟を「夫」と紹介したのも、笑った笑った。ちゃんとオチがついてるしね。

お姉ちゃん、幸せになって欲しいな。そうみんなが願っていたのに。ワンデイの人、やってくれたよね。
失恋してしまったお姉ちゃん。
部屋で声を殺して泣く姉に、弟は深く深く傷ついた。
「お姉ちゃん、振られちゃったよ」って言う姉に、泣いちゃう弟。

それ見て泣く私。
決して二人とも恋がうまくいくわけではなく、ハッピーエンドではないんだけど、観終わった後、悲しくはない。
これからも互いを思い合って生きていって欲しいって、幸福感さえ感じる映画だった。

↓これは舞台版です。


posted by じゃじゃまま at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408796213

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。