2014年09月29日

【危険なプロット】

《★★》

なにがしたかったのか。
高校の国語教師であるジェルマンは、生徒たちの宿題の作文を読んでいる中で、一人の生徒の作文に興味を持つ。
友人に数学を教えるために、彼の家に行き、そこでのことが皮肉たっぷりに彼の目線で書かれていた。
しかも、作文は途中で終わっていて、続き、となっている。
ジェルマンは続きに興味を持ちながらも、クロードの作文にダメ出しばかりする。

クロードは、中産階級の香りのするラファの家に入り込み、彼の母親を誘惑したり、父子の関係に割り込んだりする。
ジェルマンとその妻は、その行為に嫌悪しながらも、展開を楽しみにしている。

クロードはいったいどうしたかったのか。
ラファの家庭を壊したかったのか。それとも家族に入り込みたかったのか。
もしくは最初からジェルマンの邪魔をすることが目的だったのか。ジェルマンは、どんどん常軌を逸していく。

いろんなブログを見ると、なにか崇高なものがあるのか、絶賛されていて、そんな難しいことは分からないけど、私の心は単純に、簡単に知りたいだけ。

壊したいとか、邪魔したいとか、家族になりたい、とかそんな簡単に割り切れるものじゃなくて、クロードの心はもっと複雑なのだろうか。
私にはよさが分からなかったけど、クロードがジェルマンの家に入り込み、妻に子供のいないこととか悪意を持って告げ口する。それを真に受けて妻は家を出ていくけど、もちろん、告げ口だけが原因ではないんだろうけど、散々あの皮肉たっぷりの作文をジェルマンから読み聞かせられていて、クロードがどんな子が知ってただろうに。
そもそも妻はクロードのこと好きじゃなかったじゃん。なのに真に受けるんだ。

家も仕事も失ったジェルマンに近づくクロード。これからまたクロードが新たに書く作文に、ジェルマンは生きがいを感じて二人で生きていくんだろうか。

サスペンスではないよね。少なくとも私はサスペンスとは思わなかった。

posted by じゃじゃまま at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406216052

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。