2014年09月17日

【猿の惑星:新世紀(ライジング)】

《★★★》

子供のころに観た【猿の惑星】は衝撃的だった!!!!!!恐らく日曜洋画劇場だったと思うけど。
あのラストは、もうびっくりして、心臓がドクン!となったくらい。

そして、前作と今作と、あの【猿の惑星】に続くための物語だと私は位置づけている。

今作は、前作の今後猿のリーダーとなるシーザーを、とうとう野放しにしてしまった話の続き。

私の頭の片隅には、ずっと子供のころに観たあの映画の数々のシーンがあって、どこを取っても、結局は地球は猿に乗っ取られるんだよな、と思ってる。
最終的には、猿が人間よりも優位になるんだよなって。

映画を見たけど、結局だからなんなのよ、って。

人間対猿の決着はつかず、また元の位置に逆戻り。

楽しみに観に行ったのに、なんだか肩すかし。三歩進んで五歩下がる、的な後戻り感。

これだったら娘と一緒に【舞妓はレディ】か、あの竜巻のやつ観ればよかった。

posted by じゃじゃまま at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405569595

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。