2014年08月21日

【GODZILLA ゴジラ】

《★★★》

迫力満点だった。
そうか、そうか、ゴジラって昔から地球にいて、ずっと海の中で眠っていたのか。
私はいわゆるパニック映画が好きで、日本版ゴジラも、かつてハリウッドでリメイクされ、今は話題にものぼってないゴジラも、観てる。
かつてのハリウッドのは、なんだかゴジラがスリムで、なんじゃこれ?って思った記憶があるし、確か、あんなのゴジラに対する冒涜だ!みたいに言われたんじゃなかったっけ?
だから、今はもうなかったことにされてる扱い?

今度の【GODZILLA】は、ゴジラだった!しかも、ゴジラって悪者じゃないんだよね〜。
原発事故を起こした新たな怪獣「ムートー」。ゴジラは昔から地球上にいて、核実験で巨大化して、どうやら体内に原子炉を持ってるという設定なんだね。
で、新たな怪獣、ムートーは放射線をエネルギーとして、原発のあるとこで成長してて、それが目覚めて大暴れ、みたいな展開。

ここに、ハリウッドらしい家族愛、夫婦愛、なんじゃらかんじゃらが混じって、まあ、どうでもいいんだけど、ゴジラの吠える声は、ああ、ゴジラだ〜!!って。
闘うシーンは迫力満点だった。

で、ゴジラはムートーを倒して、また海に戻っていく、ってことで。
寝ちゃったけどね〜。
posted by じゃじゃまま at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404087115

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。