2014年06月26日

【イノセント・ガーデン】

《★★★》

自分の世界に閉じこもる少女、インディアは、かすかな物音や、どんなモノも見逃さない。特別な力を持ったインディアは、自身の誕生日に、最愛の父が事故死してしまう。
葬儀に、今まで音信不通でいることさえ知らされてなかった叔父、チャーリーが現れる。
屋敷で暮らすことになり、次々にインディアの周りから人々がいなくなる。

インディアに心を閉ざされている母は、次第に夫の弟、チャーリーへ惹かれる。
チャーリーの行動に不審を抱くインディアは、どこでもチャーリーからの視線を感じる。そして、徐々にインディアも叔父へ興味を持ち始めるが、ある事件をきっかけに、隠された真実、本能に気付き始める。

一体、この叔父さんの目的ってなんなのかな?って。兄の残した遺産?それとも美しい妻?

まさか、まさかのインディア目的だったとは。

叔父さんが現れた後で、家政婦が叔父さんと怪しい口論をしていた。後日、家政婦を見かけなくなり、なんとインディアの家の冷凍庫の中に冷たくなって入ってた!
大叔母は、チャーリーに対してなにか忠告をしようとしていた素振りだったが、やっぱりその日、叔父さんがモーテルにやって来て、殺してる!!!

この男の目的ってなんなんだよ〜?

インディアが学校の男の子に襲われそうになった時、事件が起こる。
その前から事件は起きてるんだけど、インディアの本能が目覚めるっていうか。
彼女の中に眠っていた残虐性、これはチャーリーと同類のものであった。だからチャーリーはインディアを見つめ、彼女を欲していたんだ。

隠された秘密、パパとチャーリーには、もう一人ジョナサンという弟がいた。

ジョナサンの死に大きく関わったチャーリーは、そのゆえに病院送りとなり、チャーリーの本性を知っていたパパが邪魔で、なんと!パパまで殺していたチャーリー!

自身の残虐性に目覚め、チャーリーを受けれ入れたかに見えたインディアだけど、馬鹿だね〜。最愛のパパを殺した叔父さんを許すわけないじゃんね!!

ってことで、ママと叔父さんとインディアの三角関係は、チャーリーにとっては裏切りの結果になったわけで、ママはたくさんの死体が埋まったあの屋敷を守っていかなきゃいけないってことかしら?
どこにも行けないね〜。

インディアは、残虐性に目覚め、どこまで行くんでしょうか。
ふ〜ん。


posted by じゃじゃまま at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。