2014年06月26日

【スカイ・キッズ】

《★★★★☆》

なんの気なしに借りてきた映画。
大正解!
冒険、勇気、絆、友情、全部詰まった子供も大人も楽しめる映画。

アメリカの小さな田舎町。カイルは母とやって来た。家はない、ウエイトレスをしている母とモーテル住まい。
カイルは転校初日、クラスの悪がきがジェイソンに嫌がらせしたことを、堂々と先生にチクリ、仕返しに帰り待ち伏せされたジェイソンを再び救ったカイル。悪がきどもをぶちのめしたカイルだったけど、怒った悪がきの兄に追いかけまわされる。
これがまた絵にかいたような頭の悪そうな兄貴で、ここでもまたカイルはやっつけてしまう。

怒った悪がき兄弟。
こんな小さな田舎町で、ああいうバカ兄弟を怒らせたら面倒なんだけど・・・こんな展開かなと思っていたら、ちょっと風向きが変わって。

なんとか逃げおおせた二人、ジェイソンは元空軍パイロットだった祖父を誇りに思っていて、叔父さんが飛行場で整備をしているので、カイルと二人飛行機に乗せてもらう。
初めての大空に魅了されるカイル。
明日もまた乗せてもらう約束をして家路につくが、翌日、叔父さんを待っている間にいたずらで乗り込んだ飛行機が、ジェイソンとカイルを乗せたまま飛び立ってしまう。

ふと置いてある荷物を見ると爆弾が仕込まれていた!
パイロットに知らせようとするも、なんと飛行機は無人だった。焦る二人、それでもジェイソンの操縦でなんとか着陸すると、大きなニュースとなり、一躍有名人になる。

黙って乗り込んだ飛行機はギャングのボスのもので、その飛行機には大金が積まれているはずだったのだが、消えてしまっていた。爆弾と消えた大金、事情を聞くためにボスの元へ連れて行かれる二人。
ところが、当の二人はボスの屋敷に大興奮。大はしゃぎする二人を、ボスは懐かしく見つめる。

ボスには大事な弟がいて、その弟を想ったのか、離れて暮らす一人息子を想ったのか、とにかくボスはこの二人が気に入った様子。
一緒に遊び、もてなして、飛行機を無事に取り戻せたお礼になにか願い事を叶えてあげよう、といって帰す。

実は、消えた大金と爆弾を仕込んだのは、弟と、その間抜な相棒だった。
そしてボスは事実を知っていて、大事な弟のために手を回し、絆を取り戻そうとする。
兄の想いに気付き、改心した弟だったのに、間抜でバカな相棒はカイル達を殺そうとして、守った弟は撃たれてしまう。

最後の力を振り絞ってボスに電話する弟。このスティーブン・ボールドウィン、ボールドウィン兄弟はみんな男前だったけど、やっぱり加齢のせいか、みんな太っちゃったね。
で、お金を盗んだことを謝る弟に、すべて知っていた、そんなことよりも助けに行くから今どこだ!!って取り乱すボスに泣いたよ。
この兄弟愛に。

間抜な相棒に人質に取られてしまったカイルと、なんだか巻き添えになった叔父さんは、相棒の逃亡のために飛行機に乗せられる。そこへ、チキンだったジェイソンも、親友を見捨ててたまるか!と走って飛び乗る。

家もないカイルと、ずっといじめられっ子で友達もいなかったジェイソン。孤独な者同士だから親友になったんじゃない。互いにないものを感じ、惹かれ合って親友になったんだ。
「家がないんだ」と打ち明けるカイルに、「そんなの関係ないよ」とありのままのカイルを受け入れるジェイソン。
こんなに純粋に友達になる、って懐かしくない?涙が出て、熱いものがこみ上げる。

逃亡中の飛行機の中で、なんと!間抜な相棒によって空に放り出されるカイル!え〜、パラシュートないぞ!
叔父さんは、カイルを助けるために、ジェイソンと共に飛び降りる。
これってCG??スタント?こんな撮影、私、NG!やだよ、間に合わなかったら。

叔父さんの風圧による顔の変形具合から、もしやスタントでは?と疑ったけど、カイルやジェイソンまで?まさか・・・。
叔父さんによって助けられたカイル、一方パイロットのいなくなった飛行機は激突、はい、間抜な相棒、さようなら。

一部始終をヘリコプターで追ってきたボスは見ていて、カイルたちの勇気を称える。
そして弟が眠る場所へと向かう・・・ボスが本当にいい人で、いや、本当は悪い人なんだろうけど、でも弟思いの、カイルや叔父さんたちへの感謝も忘れない律儀な人なのであった。

冒険活劇というか、【チキチキ・バンバン】を思い出す、ワクワク、楽しめる映画。
弟が死んでしまったことだけが非常に無念。

で、ボスはちゃんと分かってる。
願い事を叶えてあげる、って、ジェイソンとカイルにとって、あの悪がきたちのしつこさはここで繋がるんだよね。
そう、ボスはなんたってギャングのボスだから。

悪がきの兄貴をちょいと部下が脅すだけで十分。

そして、叔父さんには飛行機を一機。

当然、カイルには家をプレゼントか!って思ってたら、なにもなかった。おいおい。
きっと、カイルのママと叔父さんが恋に落ちたから、家はいらないんだよね、きっと叔父さんの家に住むんだから。
そっか、ここで家をプレゼントしちゃうと、叔父さん居候みたいになっちゃうもんね、とそこまで深読みしてみました。

ハッピーエンドで、心温まり、懐かしくて、ワクワクする素敵な映画。

posted by じゃじゃまま at 15:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!!
私も見ました!
感想は書いてないけど・・。
ジャケット見て、娘が好きかなーと思って借りたんです。
B級かと思って期待せずに見ただけ、楽しめました!うん、
これは拾い物!と思いましたよ(^o^)丿
じゃじゃままさんもそう思ったんですね。
楽しかったですねー♪
Posted by short at 2014年06月27日 00:14
shortさんへ
おお!ご覧になりましたか!!
私も、たまたま、なんですよ〜。半額デイだ!と知って子供たちの帰宅時間迫る中慌てて借りたのが、今回の三作品で。なんとなく【チキチキ・バンバン】のような懐かしい名作の香りがしたので。(笑)

弟が殺されてしまったのは残念でしたけど、ボスもいい人だし、冒頭の悪がきとの対決シーンなんて、思わず手を叩いて応援しちゃいました。
なんていうか、面倒くさい悪がきとのことも、ボスと出会ったおかげで解決したし、こんなに丸く納まってすっきりしたハッピーエンド、大正解の映画でした!

カイルとジェイソンの純粋な友情もよかったですよね〜。

カイルに家のプレゼントがなかったのは、shrotさん的には納得ですか?
Posted by じゃじゃまま at 2014年06月28日 15:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。