2014年05月31日

【モネ・ゲーム】

《★★》

美術学芸員のハリーは、傲慢な億万長者への仕返しに、モネの贋作を売り付ける詐欺を思いつく。
相棒のPJを送り込み騙すはずだったが、PJの気ままな行動で計画は思わぬ方向へ・・・。

そうだ、私は実はキャメロンが苦手だった。
どうして彼女が人気女優なのか分からないんだけど、キャメロンって案外嫌な役多いんだよね、私の中では。
今回も、あの傲慢な億万長者がまんまとだまされればいいなって思ってたのに、またもや余計なことを・・・って苦々しく思ってた。

もちろん、そういう話なんだから仕方ないんだけど、どうやら私はキャメロンが苦手なんだよね。

最後の最後はすっきりしたけど。

posted by じゃじゃまま at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。