2014年03月28日

【モスダイアリー】

《★☆》

ヴァンパイア映画っていうから、大好きな【トワイライト】を期待して観たけど・・・。
なんじゃこりゃ。

父親が自殺した後、傷心のまま寄宿学校に入学したレベッカ。そこで親友ルーシーや同じような傷を持つ仲間たちとそれなりの生活を送っていた。
そこへ謎めいた転校生エネッサがやって来て、少しずつ歯車が狂っていく。

親友ルーシーとの間をエネッサに引き裂かれ、エネッサに不穏なものを感じながらも、一人、また一人と友人が去っていく。事故だったり、親によってだったり。

結局、エネッサはヴァンパイアで狙われていたのはルーシーではなくレベッカだったってことだけど。

さっぱりわかんない。同じような境遇のレベッカに、惹かれたってことだったの?
エネッサのメイクだろうけど、あの異様な眉毛と唇が怖い。

想像してたほどゾクゾクもワクワクもせず、退屈な映画だった。


posted by じゃじゃまま at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。