2014年02月15日

【ストロベリーナイト】

《★★★★》

ちょっと前までは姫川=竹内結子ってどうなのよ、って思ったけど、この映画を観たら、それはもうどうでもいいくらい、よかった。
姫が、ってことじゃなくて、菊田=西島秀俊、う〜ん、いいね〜〜〜〜!!!
姫のことを想いながらも、叶わぬ想いに苦しむ菊田がすっごく渋い!

物語は、原作が、ああ、そうかそうか、こういう話だったよね、って感じで、都内で起きた殺人事件。三つ目に発見された暴力団の下っ端の死体が、どうやら一番最初の被害者らしい。
捜査本部では暴力団内部の抗争事件として捜査を進めたいが、姫の勘では、これは抗争事件ではない気がしていた。そこへ1本のタレこみ電話。
そこで聞いた名前は、決して表に出してはいけない名前だった。

警察内部の隠ぺいと保身、そんなものまったく関係ない姫は真相を知るために一人捜査を始める。

出してはいけない名前の男性を探すうち、姫は一人の男と出会う。お互いが情報を取るために近づくが、許されない二人の関係の始まりだった。
男が暴力団とは知らずに会っていたのだ。

事件の真相はさ、最後に和田管理官だっけ?が「警察が9年前に起こした冤罪と隠ぺいがなければ、今回の事件は起こらなかった」って謝罪したけど、最初の下っ端殺害は、それこそ9年前の復讐だけど、その後の事件は、牧田を慕う舎弟の暴走じゃん。
関係なくない?

なんか忘れちゃったけどね、原作は。

それにしても警察官が暴力団とそんなことしちゃ、まずいでしょう。姫はその後もよくいられるね。
実は警察官も女なんだよ、っていうのは柴田よしきのRIKOシリーズを思い出した。

そんなことよりも菊田が渋すぎて、それにノックアウトだった。で、生瀬勝久の井岡がいい味だった〜。
井岡と菊田は原作よりもグッドグッド!!!!

posted by じゃじゃまま at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388735210

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。