2014年01月23日

【北のカナリアたち】

《★★☆》

すごい豪華キャスト!
満島ひかりに、宮崎あおい。森山未来に、松田龍平。小池栄子に、勝地涼。私の好きな俳優ばかり。

かつての教え子が殺人事件の重要参考人として行方を追われている。
20年前ある事故がきっかけで島を去った教師。その教師の元へ刑事が教え子の行方を尋ねてくる。
あの事故以来、初めて元教え子たちに会うはる先生。
あの事故・・・教え子たちはみなそれぞれに、あの事故に対して責任を感じている。

そして次々に明かされる教え子たちからの、あの時の事実。

合唱コンクールの独唱の奪い合いで、少女を追い詰めたと謝る子。
声が出なくなったのは、自分が少女にひどいことを言ったからだ、と告白する子。
あれは自殺の振りをしていただけで、そのせいで先生のご主人を死なせてしまった、と自分を責めている子。
事故のあと先生の悪い噂を振りまいたのは自分だと言う子。
そして、先生のご主人が嫌いだった、と白状する子。

先生にも秘密があった。夫は余命半年の命であった、愛する人がいた、それは夫も知っていた。

そして、先生はみんなと出会った故郷でもあるこの島にのぶを呼び寄せていた。

のぶの犯した罪にはきっと情状酌量とか正当防衛とかつくんだろうな。
20年前、結局歌えなかった歌を、先生はのぶと一緒に歌いたかったんだ。一人じゃないよ、仲間がいるよって。

だけど、中村トオルの存在・・・あれって、ふ〜ん。
っていうか、こんなこと往年のさゆりファンに怒られるけど、いくらなんでも実年齢を知っている私には、ちょっと抵抗があった。
柴田恭平と夫婦って・・・。いくら吉永小百合が若く見えるといっても、ちょっと・・・。

で、昔と今がちょこちょこと入れ替わるんだけどね、演じてるのが同じ吉永小百合だから、今なんだか昔なんだか一瞬迷うことが多々あって、どうなのよ、と思ってしまった。
日本アカデミー賞取ってたら、正直怒ってたかもしれない。よかった、取ってなくて。



posted by じゃじゃまま at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。