2013年12月29日

【きっと、うまくいく】

《★★★★★》

文句なしの五つ星!!!!!
インド映画はそうだ!長いんだ、と思い出したのが、上映時間の170分を見た瞬間。
こんなに長い映画、【風と共に去りぬ】以来かも!?

ところが2時間50分。まったく苦痛にならずに、そのまま観ていたいとまで思ってしまうほど、三人の青春時代に浸かってしまった。

物語は、名門ICE工科大学で出会った三人のおバカトリオと仇敵であるチャトゥルのある約束から始まる。
チャトゥルに呼び出されたラージューとファルハーン。10年前の9月5日。どちらが人生の勝者か勝敗をつけようという約束の日から10年経ったのだ。

外資系の会社で副社長の座につき、豪邸や高級車を乗り回すことで人生勝ったと見せつけたいチャトゥル。
彼は学生時代、最後まで勝てなかったランチョーにどうしても今の生活を見せつけたい。

ところが、ランチョーは卒業と同時に連絡を経ち、親友ラージュー、ファルハーンとも、恋人ピアの前から去ってしまった。
卒業から5年、煮え湯を飲まされ続けていたチャトゥルがランチョーの居所を突き止めたという。
ラージューとファルハーンは自分たちの元からなにも言わず去ってしまった親友に会いたくて、チャトゥルと共にランチョーの元へ向かう。

そこで、彼らの大学時代の深い絆、おバカな青春時代を私たちは知り、そして、ランチョーがなぜ行方をくらましたのか。
その謎が解け、話はラブ・ストーリーに向かい、最後は人生のサクセスストーリーでハッピーエンド。
こんなに泣けて、笑えて、幸せになる映画、今年一番かも!!!

大学時代、いつも教授たちを困らせ、学長にも楯ついて睨まれ、だけどランチョーは心から機械が大好きで学びたかっただけなんだ。
仲間のヘリコプターを改良して喜ばせようとしたのに、仲間は人生から降りてしまった。ランチョーは、彼を追い詰めた学長を許さない。ランチョーは、常に自分の信念に基づいて決してぶれない。

親友だってもちろん裏切らない。親に逆らえずにカメラマンになれないファルハーンの背中を押し、自殺未遂したラージューを全力で救う心のまっすぐな男、ランチョー。

在学中の悪戯は本当に笑える。チャトゥルの読む原稿を書き換えて学長を笑いモノにしたり、(ま、これでチャトゥルはプライドずたずたで10年後の約束になるんだけど)パーティに忍び込んだり、時に仲間が自殺したりして悲しいけど、それでも開放的で楽観的。
でもそれだけじゃない。生活の格差や、夢に向かって諦めない大切さ、泣けるんだ。

学長との最後の最後での和解も。だけど、ランチョーは姿を消してしまった。

ランチョーを探しに二人の親友がランチョーの実家に行くところも大好きだ。
思い切り笑える。そして、今、本当にランチョーがランチョーでいられるその場所へと向かう。

そうだ、そうだ、あと一人誘わなくちゃいけない人がいるっていうんで、ピアの結婚式に乗り込み、ピアと共にランチョーの元へ急ぐ3人と仇敵一人。

ラストへ向けて期待は高まり、ラージュー、ファルハーン、ピアとランチョーの感動の再会。
いけすかないチャトゥルの自慢話に呆れながら、なんか悔しい気持ち。なんか大逆転ないかな〜って思ってたら、最後の最後にありましたよ、大逆転が!!!!!!

すべてがうまくいく、こんなハッピーな映画。泣けて笑えて、幸せになれる。
170分、無駄じゃない!




posted by じゃじゃまま at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。