2013年10月25日

【アイアンマン3】

《★★★★☆》

このシリーズは、外れなし。
映画館に行きそびれ、仕方なくレンタルで観たけど、ああ、大きなスクリーンで観たかった。
【アベンジャーズ】の闘い以降、悪夢にうなされているトニー。なにかに追い立てられるように新しいスーツの開発に忙しい。
そして物語は、もっともっと前の1999年の大みそかの出会いに遡り、実はそこから始まっていた。
そこで出会った若き科学者キリアンが、10年以上経った今、トニーの脅威となっている。
アメリカ国内では爆破テロが相次ぎ、その黒幕が科学者キリアンだった。
人間の未使用の脳を向上させ、なんだか不死身のような人間自体が武器になるような開発を行っていて、兵士を使い人体実験もしていた。

この悪を倒すために、今回トニーの闘いは始まるんだけど、いっつもこの映画って、実はよく分かってないのに、ぐいぐいストーリーに引き込まれて、結局なんだったっけ?って思うことしばしば。
よ〜〜く考えないと思い出せないんだけど、でもいいのだ。そんな細かいこと覚えてなくても、観てる間中、とにかく面白くて、絶対飽きさせない。

悔やまれるのは、いまや【アベンジャーズ】シリーズの一つとなった感のある【アイアンマン】だけど、【マイティ・ソー】を見逃したのが悔やまれる。(もしや最初からシリーズものだったのを気付かなかっただけか)
来年、この続編は観る予定だけど、ちゃんと全部観ればよかった。

【アイアンマン】と【トランス・フォーマー】は絶対外れなし。


posted by じゃじゃまま at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。