2013年10月18日

【脳男】

《★★★★★》

路線バスが爆破された。その現場に居合わせた精神科医の鷲谷。
都内で連続爆破が起き、言及したキャスターや占い師が舌を切られて殺されていた。
突き止めたアジトに刑事、茶屋が乗り込むと、爆発が起きる。逃げる足音の他に、一人の男がその場にいた。
共犯者としてその男は確保される。

鈴木一郎と名乗る以外、犯行については一切しゃべらない男は精神鑑定を受ける。その担当となったのが、バス爆破に居合わせた鷲谷。
彼女は鈴木一郎と名乗る青年の、痛みを感じなかったり、感情がないような受け答えに疑問を感じ、彼の過去を調べる。
そこには、彼が祖父によって悪を成敗する殺人ロボットとして育てられ出来事が浮き彫りになった。

だが、彼にも人間としての感情が芽生え始めていたのに・・・。

同じように感情のない真犯人、緑川は、鈴木一郎を狙い始める。

原作と違い、緑川が女の子だった。しかも結構演技派。
執拗に鈴木一郎を狙う緑川は、鷲谷を人質に取り病院を次々爆破させ、彼をおびき出す。
対決する駐車場のシーンは、痛々しかった。
何度も何度も車で一郎を撥ね、痛みを感じない一郎は、体を傷だらけにしながらも緑川に立ち向かっていく。

それは、悪を許さない一郎の正義のためか、それとも鷲谷を守りたいという感情か。

かつて弟を少年に殺された経験を持つ鷲谷は、その犯人である少年のカウンセリングも担当していた。
そのことを聞いた一郎に、なにかが弾ける。

更生した彼と一郎は一度病院で互いを確認していたのだ。緑川との死闘が終わり、一郎は姿を消すが「先生の大切な患者を殺しに行きます」とメールが送られてくる。
少年の住む団地に駆け付けた鷲谷が見たものは、鷲谷の信念を根底から崩す光景だった。

これが一番衝撃だった。

感情のないはずだった一郎に、感情が生まれてることを願う。
原作とは多少違ったけど、でも、一郎は私の中ではヒーローだったんだよね〜。



posted by じゃじゃまま at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。