2013年09月23日

【大統領の料理人】

《★★★★》

ミッテラン大統領に仕えた仏官邸史上初の女性料理人の実話。

旧習深く、男性の領域である厨房に、ミッテラン大統領専属の料理人として、田舎でレストランをしていたオルタンス・ラボリが推薦され選ばれる。
男性コックの嫉妬の視線の中、オルタンス・ラボリは自分の信念を曲げず、こだわりのある素朴な料理を次々に出して、大統領の信頼を得ていく。

オルタンスの助手として若いパティシエが付くが、最初は貧乏くじを引かされた感があったかもしれない彼も、どんどんラボリの料理に夢中になっていく。

物語は、オルタンス・ラボリが官邸で働いている時間と、南極基地で料理人をやっている現在と交互に描かれ、次第に南極基地で働いている現在のオルタンスの心境に近づいていく。

そうか、今は官邸にはいないんだな、なんでこんな寂しい場所にいるのかなって、そのギャップに切なくなったり、戸惑ったりもしたけど、徐々に官邸の時間も自然に受け入れて(だってあんなに豪華な官邸なのに、今は基地だよな〜ってどうしても思ってしまう)、次第にそんなことも考えずに、ひたすらにオルタンスの作る料理に目を奪われた。

そして彼女が官邸を去らなければならなくなって、この孤独な南極基地が、実は彼女にとっては必要な時間だったと、この孤独が彼女を強くしたと、そしてみんなに愛されて、料理って本当に素晴らしいと思う。

食べるということは、ただ単に空腹を満たすというだけでなく、身も心も幸せにする。

やっぱり盛り付けや色遣いって大事だなとつくづく思った。もう少しきれいに盛りつけよう。
それにしても本当においしそうで、料理って手を抜いちゃ駄目だよね。見てるだけで幸せになった。

posted by じゃじゃまま at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375573188

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。