2013年08月29日

【鍵泥棒のメソッド】

《★★★☆》

凄腕の殺し屋コンドウと売れない役者桜井。ある日お風呂場で転倒したコンドウは、記憶を失い、桜井の出来心により人生が入れ替わってしまうコメディ。

ある人物を殺した夜、トランクには死体、そして道は渋滞。腕には血がついていて、ふと目にした銭湯で体を洗い流すことにしたコンドウ。
隣にいたのは、なにをやってもうまくいかない売れない役者桜井。自殺にも失敗し、なんとなく銭湯に来たら、財布に札束の入ったコンドウを見かける。
せっけんで滑って転倒したコンドウとほんの出来心でロッカーのカギを入れ替えてしまったことで、その後の人生も入れ替わることになろうとは。

まさかその人生が凄腕の殺し屋とは・・・。

人相の悪かったコンドウが、善良な小市民になるのは可笑しかった。
そして何事も予定通りにしたい女性、水嶋香苗との出会い。相手もいないのに結婚式決めたり、カッチコチの真面目女性。そんな二人が出会い、真面目な者同士どうなるのかな〜、でもコンドウの正体は・・・って気になるよね。

コンドウは殺し屋なのに、とっても几帳面で、だから仕事も失敗しないのか、なんて思ってると、実はコンドウの本当の正体が分かり、さらに面白さは増す。

私は堺正人さんが好きだけど、この映画では香川照之に持っていかれてしまったね。
で、最近すごくチャーミングになった広末涼子。顔は前から変わってないのに、今の方が可愛い。
ドラマ「スターマン」でもすごい可愛いけど、この映画でも、なんか広末涼子前より全然いいな〜って思った。


posted by じゃじゃまま at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。