2013年03月03日

【へルタースケルター】

《★★★》

全身整形のスター、りりこ。
わがままで奔放で、残酷で、異常で。

美容クリニックの不正と、りりこの美への執着と恐怖、そして崩壊。

なんかメッセージあったのかって、分からないくらい沢尻エリカばかり見てた。りりこなんだか、沢尻エリカなんだか、まさにそのまんまって感じ。
整形した女性が、美が崩れていくことへの恐怖と、自我の崩壊はよく描けていて分かる。

あの美容クリニックの患者が死んでいくところにもうちょっと物語見たかった気もするんだけど、とにかくりりこ=沢尻エリカを見せることだけで終わっちゃった?
でもそういう話なのか。

私としては、あのクリニックの謎に迫りたかったけど。

マネージャー、その恋人が妄信的にりりこの魅力にとりつかれて奴隷になっていく。それくらいりりこには圧倒的な魅力が存在してたんだよね。
正直、りりこを演じた沢尻エリカは、すごく可愛かった。

これで性格が本当に普通によかったら、大好きになれて応援できるのに、ああ、もったいない。
あんまり可愛すぎるっていうのも損しちゃうね、ってことで。




posted by じゃじゃまま at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。