2012年08月19日

【ニューイヤーズ・イヴ】

《★★★》

【プリティ・ウーマン】【バレンタイン】の監督が贈る、ニューヨークの大晦日を舞台に数組の男女が迎える奇跡を見せてくれた。

新年の第一号の新生児誕生を目指して競う妊婦の夫たち。25年も仕事に明け暮れ、自分を取り戻したくて突然会社を辞めたOL。死期迫る病人と別れたままの娘。
一年前に出会った女性が忘れられないプレイボーイの男と、初めて深夜の外出をしたがる娘を心配する母親。
大晦日が大嫌いなイラストレーターとエレベーターに閉じ込められてしまったコーラスガール。
結婚に怖気づいて逃げ出してしまった人気歌手と、男に捨てられた後成功した女性シェフ。戦地にいる夫とネットでつかの間の時間を過ごす看護師。
たくさん登場してきて、さてどこに入れ込もうかと。

やっぱり人気歌手と女性シェフの再会だろうな〜。ニヤニヤしてしまった。
元鞘に収まってほしいし。次いで、エレベーターカップルかな。出会いは偶然だったけど、なかなかのお似合い。
新生児の賞金をめぐってバトルしてた夫たちも笑えた。喧嘩を煽ってきた男性がマナースクールの講師だとはね。ちょっとどっちにも賞金あげたくないかも、なんて思ったけど、冷静さを取り戻した彼らと、優しさに感動した。
入り組んでいたけど、お洒落できれいな映像で、よかった。
だけど、女優の箔というか格の差なの?おいしいどこどりって。
サラ・ジェシカ・パーカーはあちらでは人気女優なんだろうけど、私にはあの長い顔の良さがいまいち分からない。
で、あのナイス・ガイの男性が待ち続けたっていうのがサラ・ジェシカ・パーカー??
これはやはり力の差なのか?ずいぶんな歳じゃなかった?それであんなロマンチックなラスト持ってっちゃうわけ?
へ〜〜〜、ってどうにもこうにもそこにびっくりしてしまった。





posted by じゃじゃまま at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。