2009年09月12日

【ワールド・トレード・センター】

≪★★≫
9・11アメリカ同時多発テロで奇跡的に生還した警察官を元にしたノンフィクション。
始まって30分でニコラス・ケイジたちが崩れてきたビルの生き埋めになってしまい、ここからずっとこの設定なのか、と思ったらちょっとブルーになった。

こんなこと言ったら罰当るけど、でもほとんどが埋もれた状況で、あのテロではたっくさんの人々が犠牲になっていて、この映画は警察官2名の話か、と見終わった後、なんだか脱力。
正直、なんのドラマも感じない映画でした。

posted by じゃじゃまま at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127898429

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。