2009年02月13日

【幸せになるための27のドレス】

≪★★★★≫
幼い頃、花嫁のドレスの裾を持つ大役を任されて以来、友人のために結婚式を手伝うことを使命と感じているジェーン。
そんなジェーンの元へ妹テスがやって来る。テスは、何年も社長に恋焦がれてながらも想いを打ち明けられないジェーンから、あっさりとボスを奪ってしまった。
そしてジェーンのところには、掛け持ちしてた結婚式の披露宴で知り合ったライターのケビンがしつこく言い寄ってくる。ケビンは、ジェーンのブライド・メイドに興味を持ち、記事にすることで今の仕事からステップアップすることを目論む。
ところが、ありがちだけど、次第に惹かれていくんだよね。

反発→理解→誤解→和解、ってひじょ〜〜〜〜〜〜〜にありがちなパターンを踏んで、ハッピーエンドへと向かっていくんだけど、やっぱ女性はこういうの好きだもんね。
ありがちだろうと分かっていようと、いいものはいいんだよ。
わがままで自分勝手な妹テスに、ムカムカ度は上がり、NOと言えないジェーンにイライラ度は募り、婚約パーティをぶち壊した時にはスカッとしたね。
ケビンってよ〜〜く見ると貧相な顔なんだけど、役柄に惚れちゃうもんでね、ライターって役にぴったりで、ラストの式のシーンでは、本当に格好よく見えた。
これで次の映画とかで、嫌な役だったりすると急降下だけどね。
ってここで発見してしまったけど、まさか【魔法にかけられて】の鼻の穴王子!?
全然今回気にならなかったのは、なぜ!!!!!!!

いや、いい映画でしたよ!



posted by じゃじゃまま at 14:03| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、エドワード王子ですよね。
チェックはしているんだけど、まだこの映画は見てないの。
今度きっと見ますよ!
ありがちだからこそ、いいんです!
と言う映画はあるよね。
やっぱりハッピーエンドがいいですよね。
Posted by short at 2009年02月13日 19:50
こんばんは。
本当に王道を行くありがちストーリーでしたが、こういうのがいいんですよね。
たまにこういうの見て「乙女度」を上げてかないと(笑)
ケビン君、結構かっこよかったです。
【魔法にかけられて】の鼻の穴王子を見たら幻滅するかしら?
Posted by なな at 2009年02月13日 21:46
こんばんは。!

娘を膝の上に乗せながらPC覗いてます。
のんびり見させていただきます(* ̄∇ ̄*)
ブログ応援します!
それでは失礼します。
Posted by ☆KEEP BLUE☆ at 2009年02月13日 21:51
shortさんへ
おお!お気づきでしたか。
私、全然気付かなくて、たまたま、この貧相な顔他になにに出てるんだろう、と検索して気付いたんですよ〜。役柄でまったく顔つき変わりますね。今回は、ライター役ぴったりな顔だったし(笑)、鼻の穴王子のときは、もう〜〜〜、目が、ねっ!どうしても鼻の穴にばかりいってしまって、それどころじゃなかったし。あれはあれで特殊メイクですかね?
だって、他の作品では気付かないですからね。(爆)

ななさんへ
王道ですよね〜〜〜!反発、惹かれあい、誤解、結ばれる、って、絶対外せない道順。(笑)そうそう「乙女度」あげなくちゃ!ですね。
やっぱり女はいつまでも女子なんですね。分かっちゃいるけどハマってしまいます。
ケビン、【魔法にかけられて】ではあまり・・・でしたけど、でもある意味これまた釘付けになりますよ。(笑)

☆KEEPBLUE☆さんへ
またいらしてくださいね〜〜。\(^o^)/
Posted by じゃじゃまま at 2009年02月13日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

幸せになるための27のドレス
Excerpt: 幸せになるための27のドレス 特別編 [DVD] JUGEMテーマ:映画 原題: 27 DRESSES 製作年度: 2008年 監督: アン・フレッチャー 上映時間: 11..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2009-02-13 21:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。