2009年01月22日

【私は貝になりたい】

≪★★★≫
映画的には、これは後世に語り継いでいかなくてはならないものだと思う。
戦争の悲惨さ、理不尽さ、残酷さ。今回、家族の絆というものを強調してたようにも思うけど、私は、清水豊松の悲しみというか、恨みが心に残った。
こんな戦争を起した国、自分が悪いわけでもないのに裁かれる理不尽さ、何度言ってもどんなに伝えても、伝わらないアメリカ人の裁判、こんな世の中なら、こんな人生なら、もう人間になんてなりたくない、そんな豊松の心の叫びが、ず〜〜〜〜〜っと心に残った。

そりゃそうだろう、と思う。
私にも納得がいかない。だから戦争なんてしちゃいけないんだ。

すごく腹が立ってしまった。一緒に見た息子は、無言。

posted by じゃじゃまま at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。