2008年08月13日

【崖の上のポニョ】

子ども二人連れて見に行ってきました〜。
3年生の息子は最初馬鹿にしちゃって、「ボクは他の映画がいい!」なんて言ってたくせに、かなり感動してたよ。
娘の方は、笑ったり怖がったりと大忙し。ポニョがビンに詰まっちゃって、ソースケが引っ張り出そうと悪戦苦闘してるところは、大うけ。
人間になりたくて、魔法を使って手足を出そうとしてるのをパパに押さえつけられるところは、ここは笑ってもいいとこだと思ったんだけど、娘には痛そうに見えたのか、痛い痛いと泣きそうだし。

ポニョとソースケの出会い。一目ぼれしちゃったのかな、ポニョ。
ソースケにもう一度会いたくて、人間になりたくて、波の上を走ってくるポニョは、本当に可愛い。
あの人間になりかけの半漁ドンの、なんだかアヒルみたいな中途半端なときは、げげ〜、あれで行っちゃうの?って引いたけど、ちゃ〜〜んと可愛い5歳の女の子になったのね。

声優陣も、長嶋一茂もすっごいよかったし、山口智子も、天海祐希も気品のある声よかった!!!
ただ、ポニョが人間になり魔法を使えなくするためにソースケと恋をするってところが、その必要性が説得力なかったかな。
ポニョが海に穴を開けた、救うために〜っていう危機感があまり伝わってこなくて、あれよあれよという間に、なんだかソースケが身元引受人みたいにポニョを受け止め、めでたしめでたし、ってなんだかね。

「ポニョ、ソースケ、好き」
は忘れられないセリフ。
≪★★★★≫完全にチャイルド向けで、少々アダルトな味つけしてればラスト盛り上がったかな。


posted by じゃじゃまま at 23:35| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとうに「ポニョ、ソースケ、好き」は、忘れられません。かわいかったです。
お子さんたちと一緒に鑑賞されたのですね。
それぞれに違った感じ方でおもしろいですね。
Posted by at 2008年08月18日 21:06
花さんへ
ちょっと描き方に中途半端なところや思わせぶりなところはありましたけど、なんと平和な映画だったんでしょう。
今日「闇の子供たち」というダークな映画を見てしまったので、かえってこの平和さが際立ちます。(苦笑)
Posted by じゃじゃまま at 2008年08月22日 22:01
あれから15年…

ポニョとそうすけは?
なんてことを心配してしまいました (^^ゞ

つくづく、いやなヤツだなと思った瞬間です(笑
Posted by じゅずじ at 2008年08月24日 15:19
じゅずじさんへ
15年経つと、どうなってるんでしょ。

私は「ポニョが魚だったことを知っていても、いいですか?」ってポニョママに聞かれたそうすけが、「うん。」って返事したとき、人の気持ちは変わるぞ〜って一瞬思ったのでした。
Posted by じゃじゃまま at 2008年08月25日 14:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【崖の上のポニョ】
Excerpt: ポニョ、かわいいねぇ [:楽しい:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 5歳の少年宗介は、海辺の小さな町のがけ..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2008-08-24 15:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。