2015年03月26日

【くちびるに歌を】

《★★★★》

長崎県にある小さな島の中学の合唱部。音楽教師ハルコが産休に入るため、ハルコの同級生で母校出身の有名ピアニストの柏木ユリが臨時でやって来た。
浮き立つ生徒たちとは反対に、まるでやる気がなく、生徒たちの期待に反してピアノは弾かない、指導もしない、ただ見てるだけ。
そんなユリに反発する部長のナヅナ。
ユリ目当てで男子生徒の入部が増え、県大会に向けて頑張らなければならない時期に、合唱部は揺れる。

子供と大人の境にいる中学生たちが、友達、家族、自分の存在に悩みながらも、励まし合い認め合って、ほんの数カ月の出来事だけど、その数ヶ月間で経験する小さな思い出の数々。

15年後、彼らは、その数ヶ月間に起きた小さな出来事を覚えているだろうか。

でも結構冒頭から泣いてしまった。

ユリ自身も心に傷を追って故郷に戻ってきた。まるでやる気のない臨時教員。そんなユリが、自閉症の兄を持ち、自分の存在価値を兄のため、と位置付けする桑原や、幼くして母親を死別し、父親に捨てられたナヅナが、小さな心と体で懸命に受け止め、必死で前進していく姿を見て、いつしか自分も前へ進もうと思い始める。
中学生たちの、その悩みいっぱいって感じがね、泣けるわけなんだ。

子供でも大人でも、悩みは同じで、心に受ける衝撃は大人も子供も関係ない。
っていうか、ナヅナが父親に捨てられた、って言うとこなんて、大人なら自分を守るためにも自分自身をごまかしたりするんだろうけど、子供はストレートにその事実を受け止めちゃうんだよね。
それを15歳の女の子が、その小さなハートでどんな風に受け止めたんだろうって思うと、可哀相で泣けてくる。

自閉症の兄がいたから僕は生まれた、なんて言う15歳の少年。
親は自分たちが死んだあと、兄の面倒を見てくれる人が欲しくて僕を産んだんだ、なんて考える15歳の少年。
それがある意味事実だとしても、15歳でそうと察する桑原君が可哀相でならなかった。
そうじゃないよ、君は君でいいんだよ、そのままの君が両親は欲しかったんだよ、って、桑原君のお父さんお母さんがどんなつもりで産んだのかは分からないけど、でも、そう言ってあげたかった。
せめてそう思うように桑原君には接してあげて欲しかった。

合唱コンクールに家族で来てくれてよかった。

そしてここでお兄ちゃんが大活躍してくれるんだ。

家族が誰も応援に来なかったナヅナ。分かってはいてもやっぱり悲しいよね。
泣きそうになるナヅナに、お兄ちゃんが言うある言葉。それは亡き母がナヅナに言ってくれた言葉だった。

「ナヅナ、泣かんとよ。前進、前進」

かつて母が言ってくれた時、そのピアノの後ろで聞いていたんだよね。
ナヅナに、桑原君に、自閉症のお兄ちゃん。
この三人には泣かされた。彼らが明るい未来を歩くといい、って主題歌もよかったよね!

posted by じゃじゃまま at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

【チョコレート・ドーナツ】

《★★★☆》

なんだよ〜、物悲しいじゃないか!!
道理で設定が1970年代だったわけね。
差別があった時代にすることによって、ゲイのカップルが養子縁組しようとするのを様々な横やりが入ることがリアルになるわけだよね。

ゲイのダンサー、ルディは同じアパートに住むマルコというダウン症の少年を夜道で見かける。
母親は薬物中毒でまるでマルコの面倒を見ている様子がない。
そんなある日、母親が薬物所持で逮捕され、施設にいったマルコだが、そこから抜け出したマルコをルディが保護する。
恋人になったばかりの検察官ポールと共に引き取る。

ゲイカップルだけど、二人のマルコへの愛情は本物。そしてマルコもそれを感じ取り、二人の愛に包まれ症状は良好へと向かう。幸せな日々を過ごす。
ゲイであることを隠しているポールは、ルディを従兄、その子供がマルコという設定でみんなに説明するが、見る人が見れば分かってしまう。
そんな助言をしてくれたのがマルコの通う養護施設の教師。
彼女は数少ない二人の理解者であり支援者。

ところがポールの職場の上司に二人の関係がばれ、ポールはクビ、マルコとも引き離されてしまう。
そこから二人は、マルコを引き取るために裁判を行うが・・・。

マルコのことを思うよりも、世間の目、差別、体裁、そんなことばかりに気を取られている大人たち。
ポールの元上司に至っては、ポールを目の仇とばかりに、とにかくポールを絶望させることだけに躍起になってる感じ。
保護司とか少ないけど、理解者もいたのに。
あの上司はとうとうマルコの母親を早く出所させるという荒技に出て、ルディたちから親権を奪ってしまう。

この、まるでマルコや現実を見ようとしない大人たちのせいで、三人の運命は最大の悲劇へと向かう。

ポールが、マルコの裁判に関わった人たちへ送った手紙。
そこには薬物依存のままの母親を出所させ、母親の元へと戻されたマルコのその後のことが書かれていた。

「ここは僕のうちじゃない」と言い続けたマルコは、男と一緒の母親に部屋から追い出され、幸せだったポールとルディとの日々を探し求め、三日三晩歩き続けたマルコが一人ぼっちで橋の下で死んでいた、という小さな新聞記事。

その記事を読んだポールの元上司、判事、なにか心に届いただろうか。
とても物悲しいよ。そんなラストが待っていたとは・・・。でも秀作でした。

posted by じゃじゃまま at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【グランド・ブタペスト・ホテル】

《★★》

美しい山々を背に優雅に佇む、ヨーロッパ最高峰と謳われたグランド・ブダペスト・ホテル。その宿泊客のお目当ては"伝説のコンシェルジュ"グスタブ・Hだ。彼の究極のおもてなしは高齢マダムの夜のお相手までこなす徹底したプロの仕事ぶり。
ある日、彼の長年のお得意様、マダムDが殺される事件が発生し、遺言で高価な絵画がグスタブに贈られたことから容疑者として追われることに。愛弟子のベルボーイ・ゼロの協力のもとコンシェルジュの秘密結社のネットワークを駆使してヨーロッパ大陸を逃避行しながら真犯人を探すグスタヴ。殺人事件の真相は解明できるのか!?

映像が賞取ったんだっけ?
確かにセットとかきれいだった。
なんだけど〜、どうしたんだ、私。何度も睡魔に襲われながらも時間をかけ、ちゃんと見たはずなのに。
あの「林檎と少年」だっけ?あの絵が最後どうなったのか覚えてない。
覚えてるのは、ゼロの恋人アガサが年を取ることなく病気で死んでしまったこと、それだけ。

あんなに観たかった映画なのに、逆に映画館で観なくてよかったとさえ思ってしまった。
思ってたような映画ではなかった。

posted by じゃじゃまま at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【マダム・イン・ニューヨーク】

《★★★★》

英語ができない主婦が、娘や夫に馬鹿にされながら、一念発起して自分探しをするハートフルサクセスストーリー。
夫は優秀なビジネスマン、娘も成績優秀。お菓子作りが得意なシャシは、家族を大事にし家を守っている。
ところが夫も娘も認めてくれず、夫なんて、料理が得意なだけが取り柄的な発言を繰り返し、周囲に喜ばれてるお菓子も「そんなことはやめて俺のためだけに作ってればいい」とか、本当に俺様な夫。

娘も母に感謝するどころか、英語がしゃべれない母親を恥とみなして馬鹿にしすぎ。

悲しみを胸に隠し、明るく振る舞うシャシだけど、ニューヨークに在住する姉からの電話で姪の結婚式のため単身で手伝いに行くことになる。
不安いっぱいのシャシ。英語が喋れなくて、コーヒーショップでは店員に文句を言われ、泣きながら店を飛び出す。
そこで後ろに並んでいた男性に優しく慰められる。

一人ではなにもできなかったシャシが、「4週間で英会話ができる」のバスの広告を見て、一念発起。
通い始める。
そこにはコーヒーショップで後ろに並んでいた男性、ローランもいた。
みんな英語が喋れず、馬鹿にされ、なんとかしたいと通ってる人たちばかり。

先生もゲイであったり、それぞれが問題を抱えてたりするけど、シャシの前向きさにローランが惹かれ、クラスのみんなもシャシの懸命さに影響され、友情、絆が生まれる。

シャシの努力を知らない家族たちがインドからやって来て、相変わらずの自立してない妻、母だと思い込んでいる。
シャシの悲しみ、その努力を知っている姪だけがシャシに温かなまなざしを送る。

英会話の最終日と結婚式が重なり、息子のいたずらのせいで卒業試験に行けなくなったシャシ。
母の強さだな〜。自分の幸せをどっちと取るか。
自らのキャリアアップのために頑張ってきた努力を無にできるか。
できてしまうのがシャシの強さ。自分の充実を諦めて、家族のために尽くす。これは強くなくちゃできないよ。
シャシがあの瞬間、すべての感情に蓋をして、家族のために、って強い女性だよね〜。

姪の機転により、結婚式にスクールの友人たちも招待されシャシは最後にみんなに会うことができた。
そこでシャシはスピーチを頼まれる。「妻は英語が苦手で・・・」なんて夫が言うもんだから、私の期待値はマックス。
そんなこといってほえ面かくなよ〜、的な。

そう、待ってました!!このスピーチはもちろん、ってことだよね。
シャシのスピーチは姪への祝辞というよりも、夫と娘、家族に向けてなのが気にはなったけど、娘も泣いてたし、よく分かったか!!って感じ。

絶対忘れちゃいけないシーンを、この映画は撮り忘れてたよね。
英語がしゃべれるようになったシャシは、ローランと共に、あのコーヒーショップに行ってあの店員に英語でオーダーしなくちゃ!
そこを忘れちゃいかんよ。それが見られなかったのが残念。
この映画、保存版にしようかと思ったけど、娘役が憎たらしいから止めた。

posted by じゃじゃまま at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イントゥ・ザ・ストーム】

《★★☆》

いやはや、なんとも・・・。
【ツイスター】に比べると、なんとまあ・・・。
地球史上最大の怪物、なんてコピーに期待して観たけど、アクションっていうより父と息子の話だった。
学校の教頭であるゲイリーと、長男ドニーには溝があって、竜巻に巻き込まれたドニーを救出するために、父が奮闘して息子との溝を埋める、みたいな。

史上最大の竜巻が予測されたのはゲイリーが教頭を務める高校の卒業式の日。
「竜巻ハンター」としてチームを組むタイタスは、気象予報士のアリソンの予測が外れてばかりで資金援助も打ち切られる。
そうなんだよ、このアリソン。今回の史上最大の竜巻を当てたけど、だったらなんで今まで当たらないのかよ?って突っ込みたくなるし、やっぱり迫力は【ツイスター】には負けるね。

やっぱ人間ドラマを軸にしたからかな。
ハラハラドキドキを期待してた私には期待外れだった。

posted by じゃじゃまま at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。