2014年04月28日

【しあわせのパン】

《★★★☆》

東京から北海道の湖のほとりに夫婦でやって来た水縞君とりえさん。

りえさんは小さい頃、大好きな絵本があって、一人きりの肉親だったお父さんが亡くなり、そしていろんな大変なことがあって、そんな頃水縞君と出会い、北海道で、水縞君の焼くおいしいパンとりえさんの淹れるおいしいコーヒーのお店を開店した。

そのお店に訪れる人々との心温まる交流を描いたハートウォーミングな映画。

りえさんはきっと心に大きな寂しさや孤独を抱えていて、それを水縞君は知っている。だけど、りえさんは語らない。寂しそうなふっとした顔を見て、水縞君はそっと心を痛めている。
そこにそれぞれが心に傷や悲しみを持った人々が訪れて、りえさんや水縞君の優しさに触れ、元気になって帰って行く、そんな触れ合いを一年を通して、北海道の自然と共に癒される景色とおいしい食事で描いている。

失恋しちゃったデパガ、お母さんが家を出てしまい、お父さんと二人になってしまった女の子。余命わずかの妻と最期の旅として思い出の地に訪れた老夫婦。
それぞれがしあわせを見つけて帰って行くその姿に、素直に泣けた。

そうして、りえさんもようやく自分がしあわせになれる場所はここなんだと気付き、水縞君もやっと本当に欲しかったものを手に入れる。水縞君は、りえさんがしあわせでいてくれれば、それが彼のしあわせなんだもんね。

大きな出来事がない分、一度目は眠気に襲われたけど、きちんと観たら、いい映画だった。


posted by じゃじゃまま at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【のぼうの城】

《★★★》

歴史的な説明をしようとすると間違えそうだし、ややこしくなりそうなので、一言。面白かった。
豊臣秀吉の天下統一目前、北条氏側についていた成田一門は、裏では秀吉側に降伏しようとしていたけど、傲慢な使いに腹を立てた総大将、長親(のぼう)が戦を宣告する。

映画では500の軍勢に対して、相手は2万。そんな危機的な状況を、農民や仲間たちから慕われ好かれていたのぼうの奇想天外な作戦により、なんとか持ちこたえる、という話。

大筋は分かるんだけど、なにせ歴史的な人物の相関図は苦手よ〜、なので、日本史はややこしいんだよね。
似たような名前多いし、いろんな勢力があって。

でも、歴史って興味を持つと面白いので、今度は石田三成についての話があると、また発見があって歴史学べるかも〜〜と思った。

甲斐姫がのぼうのこと好きっていうのは、脚色なのかな〜。その後、秀吉の側室になってるけど、甲斐姫はどんな気持ちだったんだろう。

posted by じゃじゃまま at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

【アンコール!!】

《★★★》

マリオンの楽しみは老人の集まりの合唱団。その活動をバカにしながらも病弱なマリオンのために、送り迎えをアーサーはしている。気難しいアーサーは、マリオンの合唱仲間たちにも無愛想で、一人息子ともうまく会話ができず、溝を深めている。

そんなアーサーと息子を心配しながらも、マリオンはガンが再発してしまい、練習に行くことが難しくなる。
代わりにアーサーが参加するようになるまで、そりゃあ、気難しいアーサーだもん、いろいろあったよ。
だけど娘同然に若いボランティア教師のエリザベスに叱咤され、徐々に心を開いていく。

だけどなかなか息子とは素直に向き合えないアーサー。
マリオンは最期に「いい息子よ」とアーサーに呟き、そのまま目覚めない眠りにつく。

この映画は、家族というテーマを観ているこちらの心を結構えぐってくる。
どうしてアーサーはあんなに息子に冷たいのか。本当は嫌いでもなんでもないのに、ついついそっけなくしてしまい、息子はそんな父親に失望していく。
愛してるのに素直に言えない父親と、愛されてない寂しさで反発してしまう息子。

そしてアーサーは、マリオンにはあんなに愛情を注ぐのに、どうして息子にはできないのかな〜って。
あんな偏屈なアーサーが、どんな風にあんなに心優しいマリオンの心を射止めたのかもとっても気になる。
偏屈なじいさん、偏屈なのに妻にはたっぷりの愛情、なんかあり得ない図だけど、でもああいう偏屈なじいさんに大事に、大事にされるのって女性として幸せだよね〜。

そっか、アーサーは照れ屋なのか。だから息子に言えないのか。それとも愛するマリオンが病気になり、その悲しみでいっぱいで息子にまで気が回らないのかな。

マリオンが死んでしまい、打ちひしがれるアーサーが、マリオンがあれだけ楽しみにしていた国際合唱コンクールに、マリオンのために出場する。
孫娘の「おじいちゃん、頑張って!」はてっぱんの演出だけど、やっぱりあの一言はいいね。
そして、隣の席で泣きそうな顔で父親を見つめる息子も。

親子ってどんなに反発し合ったり、許せないって思ったとしても、父と子、母と子の繋がりは越えるんだよね〜〜。
でも思ったほど歌で燃えなかった。


posted by じゃじゃまま at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ウォーム・ボディーズ】

《★★★★》

ちょっとキュンキュンしてしまいそうなシチュエーション。
ゾンビと人間が共存?している世界。といってももちろん人間はゾンビ襲撃を警戒して、大きな壁で居住区を守り、自警団を作って退治にも乗り出している。
ゾンビはゾンビで世界があって、のったりゆったりとゾンビ同士行きかい、そこでは友情もあったりして。
そして食料である人間を探しに街をうろついたり。

ゾンビ青年Rはいつ自分がゾンビになったのかも覚えていない。名前すらも・・・。空港内を散歩していると、友人ゾンビと会い、バーカウンターで会話?を楽しんでる。

ある日、仲間と共に街へ繰り出し、食糧である人間たちと激闘中、Rは一人の少女に釘付けとなる。
人間を襲いながらジュリーに一目惚れしてしまったのだ。Rはジュリーを救うため?血をつけ、匂いでゾンビの仲間と思わせ、自分の居住区に連れ帰る。
救うためなのか、好きになったジュリーをそばに置いておきたかったからなのか。

ゾンビと少女の共同生活。連れ帰られたジュリーはいつになったら自分の居住区へ戻れるのか。
周りはゾンビだらけ、連れ帰られても非常に怖い状況。
でもRはあくまでも紳士、優しく、ジュリーを守る。

ゾンビの居住区の中にガイコツもいて、これはいったいなんだ?ゾンビが進化するとガイコツになるのか。ゾンビも恐れているガイコツ。

まあ、当然Rとジュリーの生活にも限界があるわけだ。ジュリーは当然帰りたい。そんな時、ジュリーが人間であることがばれてしまい、Rはジュリーを連れて逃げる。二人が隠れたのは人間たちは避難して廃墟となった町。
そこでジュリーの元彼を襲ったのがRであることが分かってしまい、やはりゾンビと人間の恋は成就しないのか、ジュリーはRを置いて一人で帰る。
もう二度と会えない覚悟で。

ところがRはやっぱりジュリーが忘れられない。そんなRにゾンビたちにも変化が起きていた。
そしてRは一人でジュリーに会いに人間たちの居住区へ忍び込む。
再会する二人、恋が二人を変え、そんな二人を見たゾンビたちはトキメキを感じ、多くのゾンビたちを変えたのだ。

人間たちの居住区へ変化を求めたゾンビたちがやって来て、その後をガイコツたちが追う。
襲ってくるガイコツをゾンビたちが迎え撃つ姿を人間たちは目撃する。

ガイコツたちの狙いはRとジュリー。追い詰められた二人は、ジュリーを抱きかかえドームの上から飛び降りる。もちろんRはすでに死んでるんだから大丈夫。この男気!!!
こんな風に守られてみたいよね〜。
ところが助けてくれたRをジュリーのパパが撃ってしまうんだよね〜。

余計な一撃が、二人の恋を実らせてくれた。
ちょっとゾンビたちの食事はグロくて、げって思う部分もあったけど、基本的に顔の青白いのは【トワイライト】でOKだから大歓迎。ただRは顔色悪くて、ゾンビだからね〜、ヨレヨレ加減が・・・。
やっぱヴァンパイアとゾンビ、どっちもイケメンで愛されるとしたら、ヴァンパイアかな〜〜〜。

posted by じゃじゃまま at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。